Statue of a man get on train

うだるような夏の気候。日本にいたらため息をつきたくなるものですが、

ブリスベンにいると意外とそうは思いません。

一番の要因はやはり、湿気が少ないところです。なので、日陰に入るだけでも結構涼しいです。

さて今回は、街で見つけた彫像を紹介します。

Queen Streetという道を歩いていると、少し見上げたところに、それはありました。

左手で吊り革をつかみ、右手には四角い鞄。身なりからすると、配管工なのかなという気もしますが、あたりに詳細などはありませんでした。

それにしてもこの像の顔が、個人的にはなんとも言えません。悲哀、疲労、力強さ、健気さ。色々な雰囲気が伝わってきます。

この像に使われている素材も気になるところです。黒く重光な感じの、とにかくしっかりとした印象を見た人に与える気がします。タングステンとかでしょうかね。

ただ、この像の近くには駅や電車に関係するような建物はないので、なぜこんなところに? というのが不思議です。

今回は、彫像の紹介でした。

それではまた。


Summer is coming in Australia. It’s extreme hot.

By the way, I’m going to introduce about statue.

One day, I walked Queen Street. Then I found statue of man.

He has big bag and catch sling. He looks sad, tired, strong.

I was feeling these things.

Why he keep to stand here? I asked myself. But I don’t know why.

It’s so strange.

I was introduce about statue today.

See you next.

7.December.17

8F783312-318B-4C24-A3C0-B69AF457C944

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s